組合員

伊藤 晴康(県央・横浜中央)

【 私の思い 】
私がマンション管理士になったのは、これからも日本社会の住居としてマンションが、大きな役割を果たしていくと考え、そのマンションの管理運営に関して、少しでもお役に立ちたいと考えたからです。
よくマンションは管理を買えと言われますが、ご自分のマンションを活かしていますか?

【 私の考え 】
マンションの資産価値は、人(管理組合)、物(建物・設備)、金(修繕積立金)で決まります。
人(管理組合) とは何でしょうか?・・・管理規約も大切ですが、一番はそこに住む人々のコミュニケーションだと考えます。
物(建物・設備)とは何でしょうか?・・・新築から今日までの改良・保全の経歴、即ちマンションの履歴です。
金(修繕積立金)とは何でしょうか?・・・大規模修繕、建替えまでも視野に入れた積立計画と現在の保有金額です。

これらマンションの価値を高めていくために、私達マンション管理士をご活用下さい。 【 私の経歴・取得資格 】
私の経歴は、40年間電気機器メーカーで製造・営業・保守業務等々を歴任後、ビルの設備管理を担当してきました。
取得資格は、電気主任技術者・電気工事士・防犯設備士・宅地建物取引主任者・甲種防火管理者・消防設備士

住   所:神奈川県厚木市まつかげ台55-3
電話・FAX:046-241-5429

E-mail : haruyasu@ai.ayu.ne.jp